life is beautiful

今日もがんばっていこー!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ベルリーニ<清教徒>
今日のウィーンは10度くらいあったみたいで、お天気もよくぽかぽか
テラス席を出してるカフェもたくさんあって、そこでビールを飲んでる人たちなんかもたくさんいました
でも、まだ外でビールは寒いだろ~
先週まで雪降ってたのに。。みんなやること極端です・・・

さてさて、今日も国立歌劇場へオペラを観にいきました
今日はベルリーニ作曲、清教徒です。
指揮はフリードリヒ・ハイダー。エルビーラ役に、エディタ・グルベローバです
今回で、この演目、2回目の鑑賞です
グルベローバをまたどうしても聞きたくて、今日は奮発して3.5ユーロの席に!(いつもは2ユーロ・・)
彼女のこの魅力ってなんだろう?アリアのたびに鳴り止まない拍手に、延々と続くカーテンコール。ほんっとに、聴く人みんなをとりこにする
なんていうか・・その時本当に天使が舞い降りるんだよねぇ・・

私は、よく、クラッシックファンにありがちな批評、講評はできない。ってか、したくない。ビブラートが美しいとか、フレージングがどーのこーの、音色がどーのこーの・・・そんなのどうでもいい
クラシックの音楽会も映画を観るように、楽しみたい。映画を観るときに、このアングルが・・とか、音楽が・・・とか、意識してないもんね。そういうことを思うときもあるけど、それには感動がともなってるでしょ?

だから、鑑賞してきたオペラや音楽会に対して、講評はかいてません。感想だけです。感動が伴った感想だけ書いてます


さて、話は清教徒にもどって・・・
グルベローバの歌以外の感想
このオペラの物語は、エルヴィーラという女の子と、アルトゥーロという男の子の恋のものがたりで、エルヴィーラとアルトゥーロは愛しってるんだけど、ライバルがいたり政治的なことがいろいろあって、アルトゥーロに死刑判決がでちゃうのです。エルヴィーラはショックのあまり、自分を失って狂ったりしてまさに悲劇!でも、最後の最後に、その死刑判決は取り消されて、エルヴィーラが喜びの歌を高らかと歌う
と、解説本などでは、物語はここで終わってます

でも、今回の公演の演出では、エルヴィーラが最後の喜びの歌を歌っている真っ最中に、アルトゥーロが恋のライバルによって、殺されちゃうのです!!
演出は公演の都度変わりますが、楽譜は変わりません。だから、殺されたアルトゥーロの遺体の前で、エルヴィーラは喜びの歌を歌ってるんです
その歌が、再びショックのあまりにエルヴィーラが自分を失ったようで、とっても、悲しく聞こえるんです!!それが喜びの歌であるからこそ、とても悲しくて、ショッキングな結末でした・・
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
く~さんは毎日素晴らしい経験をされているるのですね。
こういうのに触れると本当に鳥肌がたつというか震えるような感じを覚えるものですね。
私もクラッシックは好きなので、(センスもないし、よくわからないけど)とってもうらやましいです。
2006/03/21(火) 06:55:17 | URL | Sacchan #-[ 編集]
立ち見席だと2ユーロなんですか。
ええな~ていう言葉しか出てこない。

僕はく~さんの感想好きです。僕も全然技術的なことはわからないし、けどそれ以上に伝わってくる感動ってありますよね。そういう感想の方が、読んでいて楽しいし、今度機会があったら絶対見よって思えるし。

けどオペラって演出家によって全然違う内容になるんですね。奥が深いなー。
ピアノの練習大変でしょうけど、いろんなオペラの感想楽しみにしています。

それと今日の質問。国立歌劇場など劇場で上演されるオペラって、月に1回くらいのペースで変わるんですか。
いつも質問してしまってすません。
2006/03/21(火) 14:09:26 | URL | HIR #-[ 編集]
☆Sacchanさん!
クラッシックお好きなのですね!うれしいです~
私は、ハムスターとピアノを融合させてコンサートとかできないかなぁってよくおもってるのですが、全然思いつきません(^_^;)
身震いするような感じ、しますよね!
何かどこか別の世界に運ばれて、時間もあっという間にすぎていきます
2006/03/22(水) 07:58:40 | URL | く~ #-[ 編集]
☆HIRさん!
こんにちわ!
音楽は理屈じゃなくて、心で感じたいです!
私ってピアノが専門なのにオペラばかり…
(^_^;)
まぁ。楽しいからそれでいいってことにしましょう・・

質問、私でわかることならなんでも聞いてくださいね!
オペラの公演はものによって、やってる時期や、公演回数もいろいろのようです
たとえば、国立歌劇場で、今年は<セビリヤの理髪師>は、1月、3月、5月、6月にそれぞれ1,2回づつ同じキャストでやっていて、<清教徒>は3月のみで5回です

オペラ座の会場に置いてある月ごとの上演カレンダーをもらってきて、見逃さないように、じっくり見て、計画を立てています(^_^)

オペラのチケットは2ユーロって夢のようですよね!その分2時間くらい前から行ってならんでますが、2ユーロで見れると思ったら、それくらいの労力はなんともないです(*^_^*)
座席でも一番安いのは9か10ユーロ、最高で178ユーロです。
ほんと、日本で見ると高すぎですよねぇ・・。日本でも500円位で立ち見席をつくったらいいのに~
2006/03/22(水) 08:23:05 | URL | く~ #-[ 編集]
く~さんの、感想についての姿勢、私もそんなタイプです!先日の私の日記、私もそういうことが言いたかったんです。。。笑
それにしても、オペラのチケットってそんなに安く取れるのですね!!日本では考えられない。こうなったら、ウィーン行くからには絶対観た~い!行けるようにめっちゃ計画練ります☆
それでは~(^v^)/また遊びにきます♪
2006/03/22(水) 15:21:38 | URL | ひろりん #-[ 編集]
☆ひろりんさん!
前にも書いたけど、航空券の料金を入れても、日本みるより、ウィーンで見たほうが安いんじゃないかって思います^^
ぜひぜひ、計画立てて下さい!

あ!!ひろりんさん、旅行は夏っておっしゃってましたっけ?7,8月はシーズンオフでウィーン国立歌劇場とフォルクスオーパーは閉まってるんですよ…でも、今年はモーツァルトイヤーだから、アン・デア・ウィーン劇場ではモーツァルトのオペラをやってるみたい…ほかにもあると思いますが、調べてみたらいいですね!
2006/03/22(水) 22:59:16 | URL | く~ #-[ 編集]
知ってた?
これ知ってました?
FRDさんのところの企画で音楽会をやったのですよ。
ギターは私の父。へたくそだけどね~。
ホニョたんのお誕生日記念にイベントでやったの。

http://www.hct.zaq.ne.jp/honyo-hunko/ongaku/ongakukai1.html
2006/03/23(木) 09:37:29 | URL | Sacchan #-[ 編集]
☆sacchanさん!
みました~~~!!
これ、感動ですよねぇ!!
そいえば、まさしく音楽とハムスターのコラボ!!
ハムスターと音楽ってほんといいわぁ…
ハムスターってかわいいなぁ…
ハムスターに触って、ちょっとくさいこともあるけど、鼻をうずめて匂いをかぎたい・・・
2006/03/23(木) 22:46:33 | URL | く~ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。