life is beautiful

今日もがんばっていこー!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
先生とハムスター
ウィーンは犬天国です
電車やバスにも、リードをつけた犬たちが普通に乗ってきます

動物好きの私としてはかなりうれしい…
飼い主さんに見つからないように、こっそりなでなでします

でも、景色等に気をとられて歩いていると、犬のをふみます…

私の先生は、とても動物好き
日本人の門下生の間で、「ウィーンのムツゴロウさん」
と呼んでいます
近所の家の犬、猫の世話をするのはもちろん、
カラスと仲良くなって、肩に乗せて買い物に行ったりしてたらしい・・・

そんな先生に、私の愛ハムスター、くるこの写真を見せました
先生の反応は…




「ふふ~~ん…」




あれ???
ハムスターにはあまり興味がないご様子。。。
スポンサーサイト
今日はレッスン♪
昨日の晩から、雨のウィーンでした
雨の中レッスン行ったけど、帰りはやんでいました

なんか7時をすぎても、まだ明るいな~なんて思いましたが
夏時間じゃなかったらまだ6時で、それなら明るいのも納得・・
日本にいる友人に携帯へメールするときなど、いつも日本時間の
ことも考えてるから、なんだかサマータイムで、軽い時差ぼけだわ…


退院したばかりの先生、元気で安心!
よかったぁ!
先生は71歳!まだまだ元気でいてもらわければ困ります

それにしても、病み上がりだとは思えないパワーだった・・・
集中力をもたせるのが大変だぁ

レッスンでは、先生は「この曲は、ピアノ曲だと思わないで、オーケストラだと思って」
とおっしゃいっていたので、
私の妄想は正解っ♪そいえば、女の子はグレートヒェンだった!
折角リストのソナタ弾けるようになったから、近いうち、どっかで弾きたいなぁ

またがんばろー!
次は4月4日、今度はブラームスだぁ
明日はレッスン♪
明日はレッスンだから、今日は引きこもり練習してました

先生は日曜に退院されたらしけど、大丈夫かな~

リストのソナタは「ファウスト」のお話にそって書かれてるらしい
ファウストのテーマ、メフィストのテーマ、少女のテーマ

オペラばかり行ってる私は、ピアノを弾いてるときは一人オペラ状態です
ファウストはテノールでメフィストはバス、女の子(名前忘れた・・)はソプラノ。んで、合唱の部分とかオケの部分、ここは弦、ここはフルート、ここはホルンとか。

ソプラノソロのトリルは、グルベローバの声を想像してるんだけど
なんだか、私のはガタガタだわ…
妄想ばかり膨らんでるけど、もっと練習しなくては!


でも、明日は楽しみ♪
アパートのこと☆
今日のウィーンはすんごくあたたかったぁ!
Tシャツやタンクトップの人もいたよ!
私は冬物の服しかもってきてないからやばい~~(´;ω;`)
いきなり暖かくなった!今年初めて、暖房をいれませんでした
もう、さむくならないといいなぁ

今日はちょっと具合がわるくなってしまったので、
行こうと思っていたオペラは中止
用事が済んだらすぐ帰って、家にいました


そうしたら、今日はお掃除の日だった!


私の住んでいるアパートは、1ルーム、キッチンと、トイレ、バスがついて、家賃460ユーロ
グランドピアノをレンタルして、お部屋に入れています
朝8時から夜10時まで楽器の音が出せます

紹介されたとき「1ルームだから狭いのよー」といわれたけど、
大学生の時、6畳にグランドピアノ置いて生活してた私としては
ぜーーーんぜん広い
食器、家具もついていて、おっきなタンス二つとテーブルも二つあって、机もあって、本棚もあるし、
一人暮らしなのに、いすが全部で8つもある…
座りきれません^_^;


そしてなによりうれしいのが、2週間に一度、お掃除してくれるのですっ♪

ゴミも全部捨ててくれて、ベッドの布団シーツ、枕カバーも全部取り替えてくれます♪
東京にいたときの私の部屋は、まさにのだめちゃんの部屋だったから
この掃除はホントうれしい~!


でも、なんか自分の部屋を他の人に掃除していただくのになれていない私は、
お掃除の人が来ると、手伝いましょうか?っていいたくなる…
私はその分のお金も払ってるんだし、堂々としてていいんでしょうが、
なんとなく、落ち着かなくて、
「ダンケ!(ありがとう)」より
「すみません…、こんなにしていただいて…」っていう気持ちになります^_^;


でも、ほんと、このお掃除のおかげで、とても快適です♪
東京でも、やってもらいたい…
夏時間??
今日から、ウィーンは夏時間だって!!
知らなかったよぉぉ~

夏時間があるということは知っていたけど
「いつからなんだろなー」とぼんやり思っていたよ

今日からかぁ!
今まで日本との時差は8時間だったけど、今日から7時間らしい…

う~~ん・・・

おかげで今日も7時間の壁が超えられなかった・・・

7時間の壁とは、私の練習時間のこと。
いつもストップウォッチできちんと音を出してる時間だけ計ってるんだけど、
いつも疲れきって、なかなか7時間が超えられない

でもきょうはめずらしく、この勢いでいったら、7時間超えるわ~~
とガンガン弾いていたら、
お隣さんが先ほど、今日から夏時間だよ、と教えてくれました
このアパートでは10時までしか音を出してはいけないので
今日の練習は、これにて終了
また7時間超えられず

今日、レッスンじゃなくてよかった~
時間間違うとこだったよぉ
じゃぁ、今日は23時間しかないってことかな?
なんだかややこしいなぁ
たまる小銭
日本では、いたって普通につかってた小銭・・・
1003円なんて値段のときも、ちゃんと3円が出せていた・・

だけどウィーンに来て、めっきり、小銭が使えなくった!
こちらの通貨の小銭は
2ユーロ
1ユーロ、
50セント
20セント
10セント
5セント
2セント
1セント  です

10セント以上のはまだいいんだけど、5セント、2セント、1セントの茶色くちっちゃいやつが使えません
使えないというのは、区別がつきにくいから
値段を言われたときのとっさの判断で、払えないの・・
「あれ?これは2セント?1セント??」
なんてやってる間に時間がたつ
後ろには人が並んでるし、
「はやくしろよ、東洋人」なんて、実際言われませんが、心の中で思われてるのかも!
なんて考えるとあせって、余計わからなくなる
あげく、結局10ユーロ札をだして、いっぱい小銭のおつりをもらう・・・
んで、ますます小銭が増える・・・

ということを繰り返し、お財布に小銭がたまってます

お金を覚えるのも結構大変なんだなーと発見
5円玉の「5」の字をみなくてもそれが5円だとわかる
それも訓練の賜物なのですね

私の友達はウィーンに来てもうすぐ1年ですが、
茶色いちっちゃいやつはあきらめた、といっています(^_^;)
「ちっちゃいやつがいっぱいたまったら銀行にいってお札にかえてもらう、ちっちゃいけど、たまれば結構な金額になるよね!」
といっていますが
1ユーロ=100セント=約140円
一番小さいお札は5ユーロなので
お札に変えてもらうまでの道のりもながそうです^_^;

早く小銭も上手に払えるようになりたいです

またグルベローヴァ
しつこいですが、またベルリーニ作曲<清教徒>を観てきました
指揮はフリードリッヒ・ハイダー、エルヴィーラは、エディタ・グルベローヴァです20060325005412.jpg





私、知らなかったんだけど、この指揮者って、グルヴェローヴァの旦那さんなのね!
今日、隣になったおじさんが教えてくれました
写真はわかりにくいですが、白いドレスがグルベローヴァでその隣が夫のハイダー

夫婦共演かぁ・・指揮者が旦那さんだったら、指揮者に向かっていろいろ要求できそう・・・本番の後、喧嘩になりそう・・それとも「君はすばらしい!」とかって言い合うのかも


今日も楽しかったです♪
3回目ともなると、だいぶ立体的に聞けるようになってきました
そして、3回とも、微妙にやっぱり演奏が違って面白かったです

グルベローヴァは多分60歳超えてるけど、少女の役
私のイメージでは17,8歳の役なんだけど、歌いだすと、
本当に10代の女の子がそこにいるから、すごい!
鈴の音のようでした、清らかで完璧でした
きっと歌詞を知らなくても、恋の喜びや、絶望を歌ってることがわかります
1幕の最後のアリアと、2幕のジョルジュとリッカルドの2重唱の後のアリア、ちょ~素敵!かわいそう・・・
なんどでもなんどでもききたいです

それから、こんなこというのは何ですが…
前回もそうだったけど、3幕の最初のアルトゥーロ(shalva mukera)のアリアで眠くなる…
ここで、ずっと立ち見の私の体力の限界がきちゃうらしい・・・舞台暗いし、アルトゥーロが一人の時間が長くて・・・
アルトゥーロ、ヒーローなのに、ごめん…
でも、テノール独特の高い音(?)を聞いて、おお~ってなって復活します

そしてリッカルド(franko vasallo)って、やっぱりなんかかわいそう。一幕で、強い兵士のリッカルドが失恋して歌ってるの、男性の弱い部分を垣間見るようで素敵でした。強さより、弱さを感じさせていただきました.
男性の皆様は普段強くても、時には弱さを見せても、女性を落とせると思います。


今日で最終日だったみたい
もう、聞けないなんて寂しいなー
でも、貴重な思い出がひとつできました
ウィーンの匂い
ウィーンってなんか匂いがある
住みはじめてしばらくたって最近は意識しなくなってきたけど
5年前に短期留学して以来、ずっとずっとまた来たかったウィーン。
この匂いをかいで「あ~~~!やっとほんとにきた!」って思った

これは、なんかの比喩じゃなくて、ほんとになんかの匂いがするの
特に、バスや路面電車、あと、先生の家でもする
私のアパートも匂うよ
これは何の匂い?
ウィーンの匂い?
もちろん、東京とは空気も違うんだけど

いい匂いなんだよ、なんだろ。

そいえば、海外旅行すると、空港に降り立った時、何か匂いがするときがある、その国の匂いが。

東京も何か匂いがするのかなー?
それはいいにおいなのかなー?

ウィーンのこの匂いとドイツ語と空気の軽さ、あと建物。
ここからモーツァルトやベートーヴェンの音楽が生み出されたと思うと、悩んでいたことのつじつまがあうと思う


はぁ・・今日は引きこもって練習してました・・・
練習なんて日本でもできるのに、もったいないとも思うけど、この空気の中で、音を聞いて練習するって言うのは、何か変わるでしょうか・・?
少なくとも気持ちは変わるかな。気持ちが変わったら、日本へ帰った後もその変化した気持ちで音楽に取り組めるから、やっぱり変われるかな・・
そう思って練習しよう
シューマン<女の愛と生涯>
またコンサート…私は暇だから、いくらでも聞きにいけます^^
明日予定されてたレッスンがなくなったから、
じゃー、なんかないかなーって思って、いろいろなカレンダーをみていて、リーダーアーベントを見つけました
私がだーい好きな、シューマンの「女の愛と生涯」やる~!わ~い!
楽友協会のブラームスザール、初めていきました!
20060322230630.jpg


ソイーレ・イソコスキーのソプラノリサイタル
詳しいプログラムはこちらです
やっぱり、私は声楽の演奏会ばかり・・・
そして、貧乏学生の私は一番安い5ユーロの席。チケットに、Keine Sicht Podium!(舞台は見えません)って書いてありました
見えないたって、同じホール内だから少しくらいは見えるでしょーって行ってみたら、ほんとに全然見えなかった!
(写真をとった場所は私が座った席とは違う場所です)


いや~~、でも素敵だったぁ!…姿は見えなかったけど…
でも、きっと相当音響のいいホールで、ステージうらっかわだったけど、響きは悪くなかったです(でも前から聞いてた方がもっとよかったでしょうが・・)
今回のプログラムのひとつ、シューマンの<女の愛と生涯>は、全部で8曲入ってる歌曲集で、
その名のとおり、最初、恋を知らなかった女の子が、愛する男性に出会い、プロポーズを受けて、結婚して、子供が生まれて、そして夫の死を迎えるっていう物語になってます
4曲目がプロポーズされて指輪をもらったときの歌で、それが私は大好き!8曲目の最後、ピアノの後奏は、一曲目に歌われたメロディが全くそのまま出てきます

今日もその物語が目に浮かぶようでした!
ってか、舞台がみえないんで、妄想ばかり膨らんで行きました^_^;
4曲目(指輪の歌)、5曲目(初めて一夜を共にして、朝を迎えた時の歌‥)少女から大人の女性へ成長していました
そして8曲目の後奏のピアノ!!
それまでの生涯が全部脳裏によみがえってきて、涙がこみ上げました…
きっと彼女は、平凡だけど、愛を知って、夫と子供たちに囲まれて、幸せな生涯だったんだよね~ぇ!
ほーんと、素敵だった
ピアノに歌詞がついているように、歌うたってたよ!

これ、やっぱ誰か私の友達、演奏して、私に伴奏やらせてくれないかなぁ~~

シベリウスは、ちょっと私にはよく分かんなかったけど、やっぱり人間の声っていいなぁって思うコンサートでした
シベリウスって何語なんだろ?フィンランド語?

拍手とアンコールの時だけ席を立って、舞台が見えるところまで移動しました。かわいらしいおばちゃんの二人組みでした。でも、生み出す音楽はすごいっ!


それから・・・
今日はバスで初めて警察にあった!乗車券チェックされた!
つかまってる人いて、なんだかかわいそでした
練習・・・
先生が入院しっちゃってショック(T_T)
木曜に予定されていたレッスンが中止になりました
日曜には退院で、奥様の話では来週はレッスンできるわよ、とのこと。でも、心配…。早くよくなりますように

レッスンがなくなると、急に「じゃ、練習しなくてもいっか」なんておもちゃう私…(^_^;)
いかんいかん!
次のレッスンが充実できるように、練習しとかなければ!

土曜までの目標は、リストのソナタの暗譜とバッハ=ブゾーニのシャコンヌの譜読み
暗譜も譜読みもめんどくさいんだよねぇ…昔から思うけど、こう、1錠飲んだら暗譜が完璧になってる薬とかないかなぁ。

そしてやっぱりピアニストは練習時間が重要でしょ?
すぐサボっちゃう私は練習も大変。練習始めてしばらくして、きがつくと漫画本読んでます・・あれ・・?
私は自分があまりにもさぼるから、最近はストップウォッチで、本当に音を出している時間だけ、計ってます
そうすると、たとえば5時間練習時間があったはずなのに、実際音を出して、ちゃんと弾いている時間は3時間半くらいだったりする。消えた1時間半はどこへ??だから私の場合、5時間弾くんだったら7時間くらいの練習時間が必要で、8時間弾くんだったら11時間くらい必要・・10時間弾くなら丸1日ですな・・・
計画もたてるんですよ。今から1時間半やって10分休憩しよう、とか。そうすると、1時間半後、たとえすごく波に乗ってても、「計画どおりに!」なんて言って無理やり休むんですよ。そして、眠くなってそのまま2時間昼寝しちゃったり…全然計画通りじゃない!(T_T)
練習は時間じゃなくて、内容よ!なんて言い訳を考えたりするけど、やっぱりいピアノはある程度練習時間がないとどうしようもならない(T_T)

みんなそんなもんだよねぇ…?なんて思っていたら、やっぱりウマい人はそんなもんじゃなかった!!
この前会った、同じ門下の人は、毎日毎日家にひきこもって1日10時間弾いてるそう。かわいいのに、もちろん男の子にも興味なし。ご飯の時間はパンを齧りながら練習してるらしい…
ここの所、論文を書いてるらしく、練習時間が6時間に減っていて不安らしい…
それだけやってるから、他の門下生にはちょっとどっかいっちゃってる、なんて噂されてますが…
でも、ピアノはきっと、ちょっとどっかいっちゃった変人くらいじゃないと、大成できないものなんじゃないかな~
練習してないくせに、どっかいっちゃてっる私はどうすればいいの?

天才は1%の才能と99%の努力って言うけど、「努力ができる」っていう才能がいるわけで、私のような凡人にはなかなか大変です・・ふぅ・・・

理屈をこねてる暇があったら、練習しろ?
確かにそのとおりでございます…
ベルリーニ<清教徒>
今日のウィーンは10度くらいあったみたいで、お天気もよくぽかぽか
テラス席を出してるカフェもたくさんあって、そこでビールを飲んでる人たちなんかもたくさんいました
でも、まだ外でビールは寒いだろ~
先週まで雪降ってたのに。。みんなやること極端です・・・

さてさて、今日も国立歌劇場へオペラを観にいきました
今日はベルリーニ作曲、清教徒です。
指揮はフリードリヒ・ハイダー。エルビーラ役に、エディタ・グルベローバです
今回で、この演目、2回目の鑑賞です
グルベローバをまたどうしても聞きたくて、今日は奮発して3.5ユーロの席に!(いつもは2ユーロ・・)
彼女のこの魅力ってなんだろう?アリアのたびに鳴り止まない拍手に、延々と続くカーテンコール。ほんっとに、聴く人みんなをとりこにする
なんていうか・・その時本当に天使が舞い降りるんだよねぇ・・

私は、よく、クラッシックファンにありがちな批評、講評はできない。ってか、したくない。ビブラートが美しいとか、フレージングがどーのこーの、音色がどーのこーの・・・そんなのどうでもいい
クラシックの音楽会も映画を観るように、楽しみたい。映画を観るときに、このアングルが・・とか、音楽が・・・とか、意識してないもんね。そういうことを思うときもあるけど、それには感動がともなってるでしょ?

だから、鑑賞してきたオペラや音楽会に対して、講評はかいてません。感想だけです。感動が伴った感想だけ書いてます


さて、話は清教徒にもどって・・・
グルベローバの歌以外の感想
このオペラの物語は、エルヴィーラという女の子と、アルトゥーロという男の子の恋のものがたりで、エルヴィーラとアルトゥーロは愛しってるんだけど、ライバルがいたり政治的なことがいろいろあって、アルトゥーロに死刑判決がでちゃうのです。エルヴィーラはショックのあまり、自分を失って狂ったりしてまさに悲劇!でも、最後の最後に、その死刑判決は取り消されて、エルヴィーラが喜びの歌を高らかと歌う
と、解説本などでは、物語はここで終わってます

でも、今回の公演の演出では、エルヴィーラが最後の喜びの歌を歌っている真っ最中に、アルトゥーロが恋のライバルによって、殺されちゃうのです!!
演出は公演の都度変わりますが、楽譜は変わりません。だから、殺されたアルトゥーロの遺体の前で、エルヴィーラは喜びの歌を歌ってるんです
その歌が、再びショックのあまりにエルヴィーラが自分を失ったようで、とっても、悲しく聞こえるんです!!それが喜びの歌であるからこそ、とても悲しくて、ショッキングな結末でした・・
くるこの誕生会
3月19日はくるこが我が家に来て丸2年!
今日は、私の旦那さん、くるこ、ぽちこ、ぷち吾郎、ぷちたろうがウェブカメラの前に集まって、
パソコン越しだけど、みんなでお祝いしました

くるこはウェブカメラの前で、めちゃめちゃゲージをがじがじしてました(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)
鼻から血出ないように、気をつけるんだよー

来年もみんなでお祝いしようね!

ハムブログもアップしました→くるこの毎日
セビリヤの理髪師
今日はロッシーニ作曲、オペラ「セビリヤの理髪師」を観てきた

やっぱりオペラは楽しいなぁ
専門じゃないから詳しいことはぜんぜん分からないけど
でも、観ていて楽しくてしょうがないよ
何なんだろうなぁ、この魅力は!
やっぱり、この、人間の生の声ってすごいなぁ
すっごく気持ちよくなる
ずっとこの空気に浸って包まれていたいと思うなぁ・・・

今日はたまたま隣になったカップルが、東洋人っぽい女の子と、現地人っぽい男の子だった。二人はドイツ語で話してて、それが、めちゃめちゃネイティブっぽかったから、
「この人は日本人っぽいけど、きっと違うんだな」っと思っていたら
休憩中に、向こうから私に「日本人の方ですか?」と日本語で話しかけてくれた。
聞けば、彼女は国連で働いてるそう!!
かっこい~~~~~~
「ドイツ語勉強しました」って感じじゃなくて、「ドイツ語で生きてます」って感じのドイツ語だったよ
すごーーーい
まだ若そうなのに・・・

ちなみに私はもしもピアノをやってなかったら、国連役員になるのが夢でした・・・絶対無理・・・
ぷちまるの命日
3月18日は、ぷちまるの一周忌です

天国にいるぷちまるにお礼をいいました
そしてまた泣いてしまいました
ぷちまると過ごしたのはたったの一ヶ月半
それなのに、もうぷちまるが旅立って1年もたってしまいました

私にとってぷちまると過ごした1ヶ月半は、永遠の時間です

ハムブログもアップしてます→くるこの毎日
ミス・オーストリア
今日は、ウィーン国立音楽大学のベッティーナ・シュミット先生のクラスコンサートに行ってきました
ヴァイオリンのコンサートです
クラスコンサートっていうのは、そこに在学中のその先生に習っている生徒さんたちのコンサートです

いや~~
みんな若いのに、めちゃめちゃ練習きちんとしてあって、すごいわー
まだ若い人たちの、やってやるぞーって感じの気迫がすごかった
でも、みんなおときれいだったなー
んで、ちょーびびったのは、伴奏者がうますぎ~~~!!



ところで、その中の生徒さんに、ミス・オーストリアの女の子がいたの!
すんごーーーーーーく背ぇ、たかかったぁ
んで、すんごーーーーーーーく細かったぁ
そして、彫刻のような顔だったぁ
そしてヴァイオリンうまいなんて、

昔からちょっと思ってたけど、
完全に「天はニブツを与える」ね・・


帰りは、私と同じ門下生の日本人4人とランチをしました
また、この中に愛すべき強烈キャラが!
心は乙女だと思われる、上品で紳士的なおじ様でした・・・
そしてこの方はドイツ語うまかった~
このキャラで、このドイツ語!
やっぱり天はニブツを与えてます(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)





レッスンの次の日
この記事で4日目だから、三日坊主は避けられた~
よかったぁ(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)
しかも今は18日だけど、日付を変えてこっそり17日の日記ってことにしよう・・ないしょです(。≖ิ‿≖ิ)

音大生の皆さんはわかってくれると思うんだけど、
レッスンの次の日ってだらだらすごしちゃうよねー?

大学のころなんて、例えば木曜がレッスンだったとしたら
金、土、日は遊んで、月曜から慌てて、木曜はボロボロ・・・
でも、また金曜で開放感にあふれ・・
なんてことを繰り返す・・
そして、1週間ってはやい・・・

だけど、こっちへ来て、そんな悪循環を打破しようと思って
今日もピアノをがんばることに・・・
でもさー、やっぱなんかさー、こうだらっとしちゃうし、
昨日、わんさか先生にいろいろ言われたからなんか頭がぐちゃぐちゃ
だし・・(それを整理させるためにも、本当は復習しろって感じなんだけど・・)
だから今日はリストのソナタではなく、別の曲をやりました
バッハ=ブゾーニのシャコンヌ。やり始めて思ったけど、これまた大変な曲を選んじゃったわ。
んで、しばらくこれを練習した後に、昨日のリストをやった。

やって発見。先生は「音に響きをもたせろ」ってことが言いたかったんだなぁ~

やっぱり復習は大切だ
レッスンの後もきちんと練習しよう
うっ・・・銀行・・・そして手巻き寿司
今日は、いろいろあって楽しかった~
こちらに来て、今日が一番笑った♥(。→v←。)♥
やっぱり、人間は笑わないとね!

今日はレッスンだったんだけど、
その前に銀行に言った。バンク・オーストリアに口座をつくったのだけれど、カードが届いたのでその暗証番号を教えてもらいに行った
こちらの銀行はやっぱり日本とシステム違うらしく、通帳もハンコもいらない。口座を作った後、1週間後くらいにカードが送られてくるのは日本と同じだけど、その暗証番号は自分できめられなくて、お店にもらいにいかなくちゃいけないのだ

いまだに買いものだってドキドキするのに、銀行はかなり緊張だよ。
暗証番号がほしい、という言葉はなんとか通じたらしいんだけど、
その後、おねぇさんが、ドイツ語でば~~っとわたしに何か聞いてきて、私がわからない顔をしていたら、英語でば~~~っと説明をした。どうやら、何かのプランの説明らしいんだけど、私が「毎月の入金は無理」と言ったんだけど、いろいろ話したあと、最終的には「あなたの言ってることはわからないわ」といわれ、パンフレットを渡されて、「これを友達に見せて、わかったらまた来て」といわれた・・・
んで、先生の奥様に見せておしえてもらったら(奥様は日本人)、これはただの宣伝だから、無視していいのよ。と言われた・・・
はぅ・・・ただの宣伝で30分以上もドイツ語やら英語やらで説明を聞いた私って・・・日本でなら「いいです」ですむものを・・でも、銀行だし、なんか重要なことなのかなって思っちゃうよねー?
ま、暗証番号は無事にもらえたから、よしとしよう

で、そのあと、レッスンを受けて、
そのあと、先生と先生の奥様、息子さん、ほかの門下生と、手巻き寿司パーティ~~~(๑→ܫ←人→ܫ←๑)
おいしいご飯といろんなお話をいただいて、本当に楽しかった!!
手巻き寿司やお鍋のように、みんなで箸をつついて食べる料理ってこちらではあんまりなくて、先生も「こういうのって楽しいよね~(もちろんドイツ語)」とおっしゃっていて、やっぱりみんなで食べるご飯っておいしい、と改めて感じたな~
食後はなんと先生手作りのケーキ!!最高でした!!

今日のメインイベントはレッスンだっただけど・・レッスンに関して何も書いてないですねぇ。。。リストのソナタの最初のGのスタッカートの方法だけでへとへとになりました・・・ふぅ・・・でも確かにこの音は本当に重要だわ・・
しもやけさん
今日も「おっきい君」出動(๑→ܫ←人→ܫ←๑)
「おっきい君」というは、この部屋に備え付けの移動式の暖房のことです。ちなみにキッチン用の「ちっちゃい君」もあります。
こちらは電気代が高いということで、節約のために「ちっちゃい君」を部屋で使ってたんだけど、
やっぱりもう寒くてたまらないので、昨日から「おっきい君」が働いてます

でも寒いっ(´;ω;`)
10年ぶりに足にしもやけもできたよ~
「おっきい君」がんばれ!

明日はレッスンで一日中部屋にひきこもって練習してました
でも、暗譜が結局できなかったー
ってか、2週間でリストのソナタを暗譜して持ってくってのは無理な話だよね?もう絶対無理・・・
1楽章が途切れなく30分もあるリストのロ短調ソナタは、
確かにほんっと、ロマンチックで、物語性もあってもともと大好きなんだけど、
こんな曲をかいた時のリストって、やっぱちょっとどっか異常な精神状態だったんじゃないのかな~。長すぎる・・そして疲れすぎる・・はっきりとしたいくつかのテーマがあるけど、それらを気ままに出してる感じで、構成もはっきりしないし
どこかなにか異常な興奮状態にならないと、こんな感じにはならないなぁ・・
でも、常に情緒不安定は私には時にはあっているかも
やっぱりリストの情熱的な部分より、叙情的な部分のほうが好きだな。でも、それは情熱的な部分があってこそなのだろう
とにかく明日はがんばろう♥(。→v←。)♥ ~~

明日は先生やほかの門下生とも触れ合えるから、やっと孤独脱出でうれしい(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)
グルベローバ
ブログはじめちゃった・・・
この前みたグルベローバにすっごーーく感動したので
もう、心にしまいきれなくなったので・・

さてさて、ウィーンにきて、かれこれ数週間がたって
オペラを観まくってますが
月曜にグルベローバ出演の<清教徒>をみてきました
こちら(ほんの少し、舞台の様子の動画がみれます)

国立オペラ座やフォルクスオーパーに出演の歌手は、
どの人も毎回毎回半端なくすばらしいのです

だけど、グルベローバはすごかった!!ほんっとにびっくりした!!
「天から授かった声」とはまさにこういうこと!
これが人間??天使のまちがいでしょ?
きっと天才の域をこえてるんだろうな、神に選ばれた人!

美しいなんてもんじゃなく美しくて、
聴いている人すべてを幸せにする
人間ってすばらしい!!!

とにかく何かを聴いて、これほどの衝撃を受けたのは初めてだ~
私は、歌の技術的なことはぜんぜんしらないし、清教徒もはじめてみて
アリアもしらないのばっかりだから
具体的なことはぜんぜんわからないけど
でも、ともかく、体全体が感動と幸せにつつまれる!

すごかったです
また行こう
今度はもうちょっといいとこに立てるように、もっと早く行ってならぼう

あさってはレッスンだから、明日はこもって練習だ
新記録をつくるぞー
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。