life is beautiful

今日もがんばっていこー!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「だいじょうぶ?」
ここでいつも書いてますが、私は今、韓国の方二人と一番仲良くしてます

ドイツ語と英語混ざりの会話だけど、
私は、「へ~~」とか、「そうなんだ~」「すごーい」「ほんと?」
とかの相づちは日本語で言ってしまいます
あとよく、私は「だいじょうぶ?」っていってるようです

そしたら、韓国の方が、「だいじょうぶ?」って言うのを覚えて、
しょっちゅう、私に「だいじょうぶ?」って聞きます(笑)

あまりに何度も「だいじょうぶ?」って聞いてくるから、
彼に、「『だいじょうぶ』って言うの、好き?」ってきいたら

「『だいじょうぶ』という言葉、大好き!!『だいじょうぶ』はとても綺麗な言葉だとおもう!!」
と言っていました




あーーー…
そういわれてみれば、そうかも…

「だいじょうぶ」っていう響きは、別に特に綺麗だとは思わないけど、
やさしくいえる言葉だし、子供でも大人でも男性でも女性でもつかえて、
「だいじょうぶ?」って、相手を気づかうことができる
「つかれてない?」とか「ねむくない?」とかの意味で
体調が大丈夫かきけるし、

落ち込んでる人に、「大丈夫?」って
心が元気かどうかも、聞けるし、
「これ、大丈夫?」って「わかる?」って言う意味や、
「明日の夜、時間、大丈夫?」みたいな「いい?」って言う意味にもつかえる。謙虚な姿勢もしめせるし。



そして、
「大丈夫だよ!!」っていえば、相手をとても安心させることができる
「絶対大丈夫だから、がんばって!」とか


ふむふむ…
「だいじょうぶ」っていい言葉だなぁ
外国の方から教えられて日本語再認識です
スポンサーサイト
だから、テストなんだってば!
今日は、4月期最後の授業でした
学校ではミニテストがありました

テストってさ、
自分にどれだけ力がついたか試すもので、
カンニングって悪いことだって、日本人なら誰もが思ってる・・・

だからさー、私は真面目にテスト受けてるじゃん、
そうするとさ、
みんな、がんがんカンニングするんだよねぇ・・
すっごーーく堂々と・・・

さすがに教科書を見てた人は、先生に注意されてたけど、
私の隣の人(トルコ人)なんて、「かして」とかいって、私のテストを自分の前にもってって、
堂々と写してたよ・・・

それだけじゃなく、私の間違いを発見して、
「これ違うよ」とかって指摘してくるんだよねぇ・・・
余計なお世話だから!私は、テストが戻ってきたら、自分で確認するから!

また他の人(中国人)なんて、私のを見て、自分と違ったから、私のと同じに直したのね、
けれど、私が間違ってて、その人が当たってたの
そしたらさー「俺は間違ってなかったのに!」とかって文句いうんだよぉ
勝手に自分が写したんじゃ~~~ん


なんだか、緊張感のない、テストでした・・・
やっぱ日本人って真面目だよねぇ
シャチハタ
日本人にとっては、何の感動もないシャチハタ
名前が書いてあるのに、ハンコとしても価値を認めてもらえないシャチハタ・・・
でも外国の方にとっては、おもしろいらしい

私は、筆入れの中に、シャチハタを入れっぱなしのままウィーンにきたんだけど、
昨日の授業中、筆入れを落としたら、中のシャチハタが外にでた
先生に、それ、リップ?っていわれたから、
「ハンコです。」と、日本語で答えて、押して見せたら、
おおお~~~~となんだか感動されて、
その後、シャチハタ大人気!!!
「私にもおして~~」と言われたのでクラスの人みんなのノートやら
手にやら、押しまくってあげました^^

みんなが私の苗字になってます。。。^_^;
モーツァルト作曲<フィガロの結婚>
平日は語学学校があるから、並ぶのが遅くなっちゃうけど
やっぱり見たかったから、行ってきた!
案の定、人はすっごく多くて、すごく後ろのほうになっちゃった
でもパルテッレ、運良く前の人がそんなに背の高い人ではなかったから
見やすくてよかったぁ

ウィーン国立歌劇場
指揮 Riccard Muti フィガロはIldebrando D'Arcangeloです

ムーティー、テレビと一緒~~
と、感動してました^^
やっぱり楽しいねぇ
すごくわかりやすく演出してあるから、細かい言葉はわからなくても
言葉がわかる人と同じタイミングで笑えます(笑)

あとケルビーノがすばらしかった~~
あんな「恋とはどんなものかしら」はもう一生聞けないかもって思った
えと。。ケルビーノはElina Garancaと言う人です

けど、やっぱ長い・・・つかれた~~
ラフマニノフ
演奏会にいってきました!
本当は今日は27日・・・うふ♪

この日はコンチェルトハウス、大ホールにて
ウィーン国立音大の学生さんによるオーケストラです
指揮はHerbert bock,ピアノはGottlieb Wallisch

友達の紹介でいったので、10ユーロで見れました
大ホール、行ってみたかったらうれしい~
そして、すごく楽しいプログラムでした
このプログラムなら、私のお父さんでも楽しめるかも!
オールロシア物で
リムスキー・コルサコフのロシア復活祭の序曲(←?プログラムを直訳したから、本当はもっと違う日本名があるかも・・)
それから
ラフマニノフのピアノコンチェルト2番!!
それから、ムソルグスキーの展覧会の絵!!

やっぱりラフマニノフ、かっこいい~~
この曲、そういえば、生で聴いたのは初めてだぁ!
先日知り合いになったポーランド人の妊婦さんと一緒にいったんだけど
赤ちゃんがおどってるわ~~って言ってました

んーー。。。でも、演奏は10ユーロでちょうどいいかな・・・
学生さんのオケだし。学生だと思えば、すばらしかった!
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。